不倫については文化ではある

不倫問題を相談したいと考えるなら弁護士がいいでしょう。

離婚する方向に考えるのか、不倫相手から慰謝料を取る方向に考えるのかをまず考えてから相談するといいでしょう。

不倫の証拠を掴みたいのなら、探偵事務所とか、興信所に行って相談するのがいいです。

相談者が女性のケースでは、近所の奥さんやお友達に相談してしまう人も多くいるのですが、噂のタネになりたくないなら、絶対にしてはいけません。

離婚も辞さないつもりで、もらえる慰謝料が多い方が良いと考えるなら、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。

しかし1人で踏み込むという方法を取ると、喧嘩になりやすいので、止めるようお願いします。

信頼している人を連れて行けば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。

あなたが信頼できる方がいない場合、探偵等に頼むことをお勧めします。

料金について成功報酬制を採用している探偵事務所は、最終的に成功した調査でないと報酬を得られないというリスクがあるため、成功報酬の金額は割高に設定されていることがほとんどです。

その結果として、成功報酬だからということで、浮気調査にかかる費用が安く抑えられるとは限りません。

調査に対するこれまでの実績などもチェックして、明確な料金システムを採用してる探偵事務所に依頼した方が満足できるのではないでしょうか。

探偵をバイトでしている人のいる場合があるんです。

探偵のアルバイト(最近では、ネットを使って雇用先を探す人も増えてきましたね)を探してみると、おシゴトが見つかるのです。

このように、バイトがシゴトをしている探偵事務所もいっぱいあると言う事です。

浮気をしているのか調べて貰うのならば、個人情報がないと調査のしようがないですよね。

ですが、バイトだと唐突に退職することもありえますし、聞いた事柄を第三者に教えてしまうことができてしまう理由です。

奥さんが夫の浮気の現場に踏み込んでとんでもない修羅場になってしまうのは、ドラマのシナリオでもお馴染です。

夫の方が妻の浮気現場をつかまえた場合は、相手を刺したり、殺してしまうサスペンスドラマも少なくありません。

浮気の現場を直接つかまえるのも選択肢の一つです。

離婚まで覚悟しているならば、問題ないかも知れません。

浮気調査でなにより大切なのは、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。

疑問が確信に変わりきらないケースでは次の段階に進むことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。

証拠が揃い、浮気がミスなくなったならば、次に、浮気相手の素性を入手する必要があります。

シゴト先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、あるいは張り込んだり等、浮気相手の素性を確定指せるのです。

浮気の裏付けがSNSで見つかることもあります。

コミュニティ型のWebサイトでは実名を伏せるので相手も思いがけずに、私生活についてさらけ出しすぎてしまう事が珍しい事ではありません。

時には、言い逃れのできない様な浮気の事実を書き込んでいる可能性もあるのです。

相手のアカウントを知ることができるなら調べてみて下さい。

自ら動くより、浮気調査は探偵に頼みましょう。

探偵にお願いすると、浮気の証拠をちゃんとつかめます。

自分で手を尽くして調べてみても、浮気の事実はすぐに出てくると思います。

だからといって、パートナーを責めてみても、頑として浮気してない、と言い張ったら、有利な条件(満たすことができないと望みや要望が叶えられない可能性が高いです)での離婚はできないでしょう。

そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。

GPS端末は、車の使っている人に見つからないようなところに装着して、常時、移動の内容を監視し続け、移動中の所在を確認したり、記録されたデータを後で読み出しいろいろな分析をすることも可能です。

車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。

こうすることによって、パートナーの行き先やどのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。

自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、慰謝料を配偶者とその相手に対して請求できます。

ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、夫婦の関係が冷め切ってい立ときは、配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事が出来ません。

慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛をうけたか、年齢や結婚してからどのくらい経つかなど全体的にみて裁判官の決定を待つことになります。

実際に浮気調査にかかる期間はどれぐらいなのかというと、普通は1週間以内にはおわります。

とはいっても、これはあくまで平均の期間です。

浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、1週間から1カ月くらい調査期間が必要になることがあります。

一方で、浮気するだろうという日が調査員に伝えられていた場合は、調査期間は1日で済むこともあります。

自分の配偶者が、浮気という過ちを冒していても離婚を避けたいのなら昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのは避けましょう。

パートナーを裏切ったことがバレた途端に相手が逆ギレしてしまって、離婚を避けられない事態に陥ることもありえます。

加えて、浮気相手と話をしたことによって、大きなストレスになってしまうんです。

探偵に浮気調査をお願いして、誰が見ても沿うとしか思われない証拠が見つかれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるでしょう。

相手が信頼できなくなってしまったら一生を共にするのは相当な心の重荷になりますから、慰謝料を請求して離婚するというのは決して悪いことではありません。

それと、原因となった不倫相手に慰謝料を請求したならば別れ指せることも難しくはありません。

配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼する時には、相当低い料金設定であったり、または高過ぎる料金であったりする業者ではなく、料金設定が細分化されていて、後で追加料金を請求してこないような探偵会社を選択するのがいいでしょう。

そして、業者として届け出をしっかり行っているのかお調べください。

法を逸脱した調査をしている探偵社には依頼しないように気を付けましょう。

探偵が尾行する際の料金はと言うと、調査員が何人かによってもちがいますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。

当たり前のことですが、調査員の数が少なければ安く、増えるほど高くなります。

そして、尾行時に車とかバイクでおこなう場合、別に交通費や車両費として請求される場合がありますので、確認したほうがいいでしょう。

不倫した二人に慰謝料を請求する側になっ立とすれば、まずは相手のことを知らなればなりませんし、複数回に渡る、浮気の証拠を確保しなくてはなりません。

それには探偵の浮気調査が有用で、探偵は貴方の期待に応え、ぐうの音も出ない形で、鮮明に写しだしてくれるでしょうし、裁判において、貴方の望む報いを与えるに充分な物を準備して貰えるのです。

興信所と探偵事務所のちがう所を聴かれた場合、これと言って無いと言ってもいいでしょう。

浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような似たようなシゴトをしています。

でも、あえて言うと、依頼は、企業や団体は興信所に、個人は探偵に頼るようです。

どのような行動をしているか記録することで浮気の根拠を示せることもあります。

大抵、人の日々の動き方にはパターンが定まってくるものです。

しかしながら、浮気をしている人は、そのパターンが揺らぎます。

揺らぎの出た曜日、時間帯を確認できたら、注意して動きを観察するようにすると、浮気を実証できる希望が高まります。

相手に気づかれないで明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、技術も機材も、それなりにしっかりしていなければなりません。

浮気の現場をカメラに納めても、顔が見分けられないような露出不足だと残念ながら証拠とは言えません。

探偵なら浮気調査をする場合、超小型の機材を使い全く気づかれずに客観的な証拠を撮影してくれます。

よく着る服装が変化してきたら、怪しい兆候です。

浮気の相手が好きな格好をしようとしていたり、ほんの少しだけでも格好よく見せたりしている可能性があるでしょう。

ある日から、服装が年相応でない色や柄のものをセレクトし出したら、相当に危ない予兆です。

その時、お洒落な下着を着るようになってきた時は浮気をしていることがありえます。

不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいのケースもあります。

離婚しなくても慰謝料を求めることが出来ますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。

さらに、不倫相手が不倫を認めない時には証拠が必要となります。

無関係な人からみても明らかな浮気の証拠がなくてはいけません。

レシート、クレジットカードを調べると浮気の証拠をおさえる事もできる可能性があるでしょう。

いつもなら立ち寄らないような毎回、コンビニエンスストアのレシートを視界に入ることが多くなったら、その周辺に習慣的に何度も行っていることになるのです。

そこで逃さず見ていると、浮気の瞬間を目にすることが出来るかも知れません。

探偵には悪いところがなくても、残念なことに依頼者の気持ちが先行してしまい、相手に余計な警戒心を与えてしまって浮気相手と会うのを控えたりして、失敗という結果に終わることもあるでしょう。

探偵に依頼したからといって、いつも証拠が揃うと思い込むのはよくありません。

成功報酬にするのかどうかについても、調査する前に契約書に盛り込むことが必要なのです。

浮気調査をプロの探偵に依頼して証拠を掴むことができても離婚の必要性については考えるべきでしょう。

特にお子さんがいらっしゃる場合、浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといって離婚など沿う簡単にすることなどできません。

養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、約束をしても支払ってもらえないことも多いですから、女手一つで育てていく大変さは、並大抵ではありません。

男手一つで育てる場合にもまた同様でシゴトと両立しながら上手くやっていくのはむずかしいでしょう。

探偵がおこなう浮気調査でも毎回成功するとは限らないでしょう。

探偵が浮気調査に精通しているといっても、失敗しない保証が全くないことは全くありません。

尾行対象がある日突然、車や電車で移動したり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。

それに、浮気調査実施中に不倫している相手に関わらない場合には証拠を入手しようがないです。

探偵は依頼するのにお金がいりますから、自分でやってみようとする人もいるものです。

簡単にでき沿うに思えますが、それはテレビドラマの話で、現実とフィクションはちがうもので、変に思われず相手を見張り続けるというのは楽なことではないといえます。

変に思われてしまえば警戒されるので、浮気をウヤムヤにされてしまう場合だってあります。

絶対に相手の尻尾を掴みたいなら、その道の専門家にちゃんとお願いして、しっかり浮気を調べたほウガイいと思います。

浮気調査してみ立ところ配偶者が浮気していることが見つかったならば、結婚生活を維持するかどうかなかなか決められずに困りますよね。

まずは落ち着いて、探偵事務所に調査を依頼するよりも先に、あれこれ考えを巡らせておくべきです。

夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に提示してありますから、自分の配偶者とその不倫相手に対して慰謝料を請求し、離婚してしまうのも一つの案です。

信頼性の高い探偵事務所に出会う方法としては、口コミを確認する方法があります。

間ちがえないでいただきたいのは、依頼を検討している探偵事務所のHPにけい載されているような口コミではなくて、全然関係のない掲示板や相談サイトに載っているような口コミを確認するのがお勧めです。

その探偵事務所が管轄していない口コミの方が、信頼性が高いのは明白です。

成功報酬の場合、気を付けるべきなのは、もし、浮気調査の依頼し立とすると、その際の調査期間が3日間だっ立とするとその3日の間だけは浮気がなかっ立とすれば調査は成功となってしまうのです。

浮気しているのかは分からないまま、3日の間に浮気が発覚しなければ、浮気の証拠がつかめないまま、浮気調査は終了してしまい、成功報酬として料金を支払うのです。

法律的に、結婚している男女が自分から夫婦ではない異性と男女の関係にいたることを浮気といいます。

ということは、法に従えば、肉体関係を持っていない場合には、一緒に時間を過ごしてい立としても、不倫ではないのです。

個人では肉体関係の証拠をつかむのはむずかしいですが、プロの業者に依頼するという方法もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です