探偵は成功報酬だ。

成功報酬で料金設定をしている探偵事務所は、結果として成功した調査でないと料金が発生しないという懸念があるため、成功報酬の金額は割高に設定されていることがほとんどです。

そのように考えると、成功報酬だからということで、浮気調査にかかる費用が安くてなるとは言い切れません。

実際の調査能力などもチェックして、料金システムに関して不安がない探偵事務所に依頼することが重要なのです。

探偵が尾行する際の料金はと言うと、何人の調査員が動くかにもよりますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えてちょーだい。

当たり前のことですが、調査員が少ない人数なら安く、増えれば増えるほど高くなるでしょう。

そして、尾行時に移動のために車やバイクを使った場合、交通費や車両費といった名目で別途請求があがってくることがありますので、要確認です。

幾ら成功報酬制を採用していると言っても、例えば、浮気調査について依頼し立とすると、その際の調査期間が3日間だっ立とするとその3日間の調査期間の間に浮気をしていなければその調査は成功として扱われてしまいます。

浮気しているのかは分からないまま、調査中に浮気が見つけられなかったら、浮気の証拠がつかめないまま、調査期間を終えてしまい、成果もないのに成功報酬を支払わざるを得なくなるでしょう。

着る服の趣味が今までとは異なりだしたら、怪しい兆候です。

趣味を浮気の相手のものに合わせようと考えていたり、評価をわずかでも高くしようとしたりしているのかも知れません。

突然に本人よりも若い年代の人のカラー・デザインの服装を着るようになってきたら、相当に危ない予兆です。

その中でも特に、趣味の良い下着をはくようになってきたら、浮気の可能性があるでしょう。

浮気調査に必要な期間は、多くの場合は3~4日間です。

おぼえておいていただきたいのは、これはあくまでも平均の期間です。

浮気の証拠を中々残さないタイプのパートナーだと、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあります。

逆に、怪しい日が調査員に伝えられていた場合は、1日だけで浮気調査が終わってしまうこともあります。

興信所と探偵事務所の違うところですが、変わりはほとんど無いと言ってもよろしいでしょう。

双方とも、浮気調査、身辺調査、同じようなシゴト内容です。

しかし、違いをあげるとしたら、興信所は、企業や団体からの依頼向けで、個人は探偵に頼るようです。

時間単位での尾行料金が設定されている場合、探偵の尾行時間が短い方が、費用が少なくなるでしょう。

したがって、尾行依頼を探偵にするとすれば、日頃からパートナーの生活のパターンをよく知っておくことが大事です。

最も疑いのある時間帯や曜日に追跡をお願いすると、余計な手間をかけずに探偵も尾行することが出来、どちらにもメリットがあります。

不倫の問題を相談するなら弁護士に相談するのがお勧めです。

離婚したいと思うのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと思うのかを考えてから相談するようにしましょう。

また、不倫の証拠を掴みたいときには、探偵事務所や興信所に相談してちょーだい。

女性の場合、近所に住む奥さんや友だちに相談してしまう方も少なくありませんが、噂のタネになりたくないなら、どんなことがあっても止めましょう。

探偵による浮気調査の結果、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。

パートナーが信用できなくなってしまうと一生を一緒にするのはそのストレスはおもったよりのものになるでしょうから、慰謝料をもらって離婚することもありかも知れません。

あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料を請求すると二人が別れることはエラーないでしょう。

浮気調査の費用を節約する方法は、自分でできる範囲までは事前に調査してから調査会社へ依頼することです。

調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はありません。

ただ、パートナーの行動を毎日記録するだけで調査費用の節約につながるのです。

毎日、シゴトに出掛けた時間、帰宅してきた時間、電話が掛ってきたなら、その時間とどのくらい話していたかも記録しておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です